個人再生

個人再生とは

住宅ローンを含む多額の借金があり、返済できる見込みがない場合は、裁判所の手続きによって住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮することができます。これを個人再生と言い、圧縮した借金は、原則3年で返済する計画を立てます。住宅ローンは残る分、不動産を手放す必要はありません。 

個人再生のメリットとデメリット

メリット
  • 借金を大幅に圧縮することができる。
  • 資格制限がないため、誰でも利用可能。(自己破産は制限あり)
  • 司法書士に依頼した時点で、督促がなくなる。
デメリット
  • 自己破産より費用も時間もかかる
  • 安定した収入がなければ利用できない。
  • 信用情報機関に登録される。

個人再生手続きの流れ

手続き開始

まずは、借金の内容確認や、個人再生申立書の作成などを行います。

個人再生の申し立て

住所地を管轄している地方裁判所に、自己破産申立書を提出します。

個人再生委員の選任

個人再生委員となる弁護士が選ばれます。

個人再生委員の意見書提出

原則、個人再生委員と面談を行い、再生委員が裁判所へ意見書を提出します。

個人再生手続き開始

個人再生の手続きを開始します。

債権額確定

借金の総額を確定させます。

再生計画案の提出

原則3年間の返済計画を立てて、裁判所に提出します。

書面決議、意見提出

書面決議を行うか、意見聴取に関する個人再生委員の意見書を提出します。

個人再生の認可

個人再生が認可されましたら、再生計画案に則って残りの借金を返済していきます。

費用

初回相談料 無料
個人再生申立て(住宅ローン特則利用あり) 250,000円
個人再生申立て(住宅ローン特則利用なし) 220,000円

※税抜き表記です。
※予納金等の実費負担が発生します。
※再生委員の報酬が発生します。
※詳細については無料相談時にご説明しております。

  • 相続・借金問題でお悩みなら、まずはご相談ください 藤司法書士事務所
  • 相続・借金問題でお悩みなら、まずはご相談ください 藤司法書士事務所
  • tel_sp_b.png
  • メールフォームからのお問い合わせ
初回相談0円 お問い合わせ 24時間WEB予約受付中 手続き費用 解決事例 所長ブログ 藤司法書士事務所 公式Facebook藤司法書士事務所 公式Facebook
ADDI-K