不動産登記

不動産登記の重要性

不動産登記とは、自分が所有することになった不動産が、確かに自分のものであることを主張するための手続きです。土地を入手したり新しい建物を作ったりしても、それが誰のものかは正式にはわかりません。不動産登記をしていないと、万が一何かのトラブルに巻き込まれた際に、本当にその土地や建物が自分のものであることを法的に証明することは難しくなってしまいます。そのため、場所・構造・面積・用途などを含めて、きちんと書類として残しておく必要があるのです。

不動産登記の種類

不動産登記には、いくつかの種類があります。新しい家を建てた時は、建物表題登記で新しい家の情報を明らかにし、保存登記で持ち主の権利を保存します。また、銀行で住宅ローンを組む際は、その家を担保にするための抵当権設定登記が必要になります。様々な登記が存在しており、不備があると権利を主張できなくなってしまう恐れもありますので、不動産を新たに所有することになる時は、早めにご相談ください。

建物表題登記

新しい建物について、住所・種類・構造・床面積・所有者などを法務局に登録します。

所有権保存登記

この手続をすることで、その建物が自分のものであると公示されます。

所有権移転登記

不動産の名義を変更する時に行う手続きです。

抵当権設定登記

住宅ローンを組む際に、銀行や保証会社の借入額の担保として、抵当権を設定します。

  • 相続・借金問題でお悩みなら、まずはご相談ください 藤司法書士事務所
  • 相続・借金問題でお悩みなら、まずはご相談ください 藤司法書士事務所
  • tel_sp_b.png
  • メールフォームからのお問い合わせ
初回相談0円 お問い合わせ 24時間WEB予約受付中 手続き費用 解決事例 所長ブログ 藤司法書士事務所 公式Facebook藤司法書士事務所 公式Facebook
ADDI-K