解決ブログ

2017.06.28更新

 

 

裁判所からの訴状を未開封のまま放置してしまい、

期日欠席により「調書判決」が送られてきたCさん。entears

 

裁判内容を確認すると、どうやら「時効」の主張が

可能であった事件でした。

 

判決の日付は2週間以上も前の日付…

もはや反論の機会はないのか…という局面でしたが…nnn汗汗

 

saibann

 

元金にここまでの延滞期間の延滞利息と、

支払日までの利息を含め数十万円もの大金、

基本的に返済の交渉をするしかありません…」と

話し始めたとき、封書に添付してある判決書の

受け取り期日が目に入ってきました。abonbibibibibibi

 

どうやらCさんは判決送付後すぐに受け取りをせず、

1週間後くらい後に再配達されたようです。

 

その日付から計算すると、Cさんが判決書を

受け取ってから、まだ2週間経過していないようでした

 

実は、判決は裁判官からの言い渡しで

確定するのではなく、原告や被告にその内容が

届いた後、2週間経過して初めて、確定するのです。ehecalendar

 

判決

 

ですから、判決に不服な人は、その2週間の内に

控訴の提起や上告などをして(控訴期間)、

自分の主張が認められるよう、裁判を

続けることが出来るのです。

 

裁判所に確認したところ、まだ2週間の

経過はなく(未確定)、Cさんにも今回の判決に対し

改めて自分の主張をすることが許されたのでした。gyaheartheartheart

 

早速、控訴状の提出をし、改めて「時効援用」

主張を展開しました。

最終的に相手方が訴訟を取り下げてきたため、

Cさんの時効は完成し、返済は不要となりました。sunheart2

 

 

ひらめき

 

結果的に万々歳でしたが、もっと早く相談して

いただければ、もっと早く、しかも簡単

解決できた案件だけに、うれしさも半分といった

ところでしょうか(そんなこともないかな?)。笑うnote

 

皆さんも、突然届いた通知に驚かず、

冷静に行動(相談等)を起こすことを推奨します。

 

その際には、ぜひ司法書士にご相談ください。nicotelephone

 

 

投稿者: 藤司法書士事務所

2017.06.24更新

 

先日メールで、借金についての相談を受けていたCさん。ehepersonal computer

 

相談内容は、かつて借りたまま返済が滞っていた

消費者金融のP社の債権回収を請け負った会社から

借り入れの返済を要求してきている郵便が

自宅に届いたが「どうすればよいのか」というもの。shun汗汗汗

 

お手上げ

 

メールでのやり取りのため、詳しい内容までは確認

出来ませんでしたが、凡その内容は、

元金と延滞利息を含めた全額の早期返還が、

出来なければ法的手続きに移行するという

記載があったようでした。unbibibibibibi

 

内容からすれば時効を主張することができそうな

いわゆる「時効援用」案件と思われましたが、

何故か、その後しばらくCさんからの

連絡も来ないまま時間が経過していきました。alarm clockalarm clockalarm clockalarm clock

 

もう相談はないものと思っていた矢先、

再びCさんからメールが届きました。

 

今度の内容は裁判所から封書が届いたが

どうすればよいかというものでした。

しかし、封書の中身は怖くて見られないとのこと…。

 

取り急ぎ面談の約束をし、事務所に封書を

持って来ていただきましたが、

なんと封書が2通あるではありませんか。ganexplosion

 

とぼとぼ

 

Cさんの許可を得て開封すると、1通は訴状と

期日の案内、そして2通目が、なんと判決書でした。

(今回は、反論も出席もしていないので、

正式には「調書判決」といいます。

実はこのケースは、よくあります。受け取ったあと、

未開封のまま裁判期日が経過してしまうこと。)abontearstears

 

訴状の中身を検討すると、やはり時効の主張が可能で、

答弁書」という紙1枚程度の文書を

裁判所に提出していれば、それでCさんは

返済が不要となるものでした。

 

ところが、裁判所からの通知に驚き、

恐怖したCさんは中身も見ないで

放置してしまったようです。huntears

 

逃避

 

通常借主側で時効の主張が可能な場合でも、

時効の効力は相手方に「時効を利用する」

という意思表示が到達しない限り発生しません。

 

また、借主側が時効の主張をしないまま、

相手方から裁判等を起こされ、判決が言い渡されると、

時効完成までの期間はリセットされ、

その後10年は、時効の主張はできなくなります。uundown arrowdown arrow

 

今回のCさんの場合は、まさにそのケースでした。

今後のCさんの対応としては、支払を念頭に

交渉をしていかなければならないのでしょうか…

事務所内に重い空気が充満してきます…(つづく)funcloudcloudcloud

 

 

投稿者: 藤司法書士事務所

2017.06.18更新

 

 

最近の借金相談の傾向として、高額化?があります。 

総額規制のない銀行が、借主の返済能力を無視して 

多額の貸し付けをしているようですね。 nnntears

 

 

やけい

 

今回相談に見えられたAさんも、銀行数社と

消費者金融数社から合計3000万円もの借金がありました。 Σヽ(゚Д゚○)ノ

それなりの収入があったとしても、さすがにこの金額では 

約定返済を続けることは難しく、面談のうえ個人再生という 

手続をすることとなりました。 entearstears

 

この個人再生という手続は、住宅ローン以外の借入額が 

5000万円以内の借金であれば、基本借金額を5分の1まで圧縮し、 

最低100万円を、3年で返済するというものです。 niheart

 

ところが、さすがに3000万円の借金だと、5分の1でも600万円? 

3年返済で月17万円弱の返済額となり…ません。 uunbibibibibibi

 

あつ

 

個人再生では借金額を原則5分の1としますが、 

1500万円を超え、3000万円までは、10分の1に圧縮でき、 

最低300万円の返済となります。 nicoleaf

 

 

3000万円超から5000万円までは総額の10分の1です。 

となれば、返済額は毎月8万円強、決して不可能な返済額では

ありませんね(ただし、返済額が申立人の資産を基準とする場合は、

その金額が基準となりますので、圧縮率は下がりますのでご注意を!)。 (´ー`*)

 

ところがAさんの場合は、住宅ローンを月に15万円ほど返済していましたから、 

再生による返済額と合わせると、なんと毎月24万円弱の返済となります。 gan汗汗汗

 

さすがの高給取りでもこの額を返済し続けることは、なかなか難しいですね。 

 

そこで登場するのが民事再生法第229条2項の「特別の事情がある場合には、 

再生計画認可決定の確定の日から5年を超えない範囲内で…」という条文です。 

 

まるひ

 

これにより、返済期間を5年に延長することが出来、再生手続きによる 

毎月の返済額は5万円ほどとなり、住宅ローンと併せても毎月20万円で、 

なんとか返済を継続できそうです。 hunheart2

 

とはいえ、5年間という期間は決して短くはありませんから、Aさん自身も 

まだまだ気を緩めるわけにはいかないでしょうが、頑張ってくれると思います。 gyacloverbibibi

投稿者: 藤司法書士事務所

2017.03.17更新

 

 

 

甲さんが私の事務所にお見えになったとき、

その手元には1通の公正証書遺言があるだけでした。nicoglitter

 

いらいにん

 

公正証書遺言とは、遺言者が話した遺言の内容を

公証人(公証人とは法務大臣が任命する公務員)が

筆記して作成し、遺言者の意思確認者として

証人2人が立会うもので、自筆証書遺言のように

方式の不備により遺言が無効とされることはないため、

願ってもない方式なのですが、

費用が掛かるという点で、これまで活用する

人が余りいなかったということでしょうか。ehetearstears

 

ただし、遺言者の思いを相続に反映させるためには

確実な方法であり、最近の日本の家族構成を

考えると、子のない夫婦の一方への相続や

同居の子どもなどに確実に財産を残すためには

遺言が必要になってきます。gyabibibi

 

さて、その遺言書には「土地・建物、預貯金等の

遺産全部を、相続人である甲さんに相続させる。」

という単純なものでした。

 

ふどうさん

 

甲さんはその遺言に基づき、相続の手続を

することを希望されていましたので、

その不動産を確認すると、なんと30件以上の

土地・建物の名義を変更することとなりました。

 

甲さんの他にも相続人は存在したでしょうが、

遺言があれば今回のように多くの不動産があっても

甲さんひとりで、全ての手続をすることが可能です。

 

とうき

 

本当に、遺言書の効力は凄いと感じた案件でした。

 

 

投稿者: 藤司法書士事務所

2017.01.13更新

 

毎年事務所に寄せられる相談の中で、

何年も前から返済していなかった借入の

請求がいきなり届いたうえに高額の損害金が

発生していて、とても返済できない、

というものがいくつかあります。ganexplosion

 

もちろん、詳細を確認しないとはっきりとは

言えませんが、仮に最後の取引から5年、

または10年以上経過しているということであれば

「時効」を主張できるかもしれません。ehe汗

 

じこう 

 

さて、事務所の相談に来られたAさんの場合、

若いころに消費者金融から借金をし、

返済を続けてきたのですが、やがて多重債務となり

ついに返済ができなったまま放置をしていた。

 

その間もずっと請求が来ていなかったので

忘れていたのだが、先日急に請求書が

届くようになった。unbibibi

 

ところがその請求書をみてびっくり!!

返済していなかった元金が30万円位なのに、

それ以上の損害金が加算された金額の

請求が来ていたのでした。

 

請求

 

借入金の時効というのは刑事事件の時効と違い、

時効期間が経過したとしても、

時効を利用すると相手方に主張しなければ

時効が完成しません。abontears

 

よって、例え時効期間が経過していたとしても、

請求を掛けてくる貸金業者等には

当然文句も言えません。

 

ですからこのような請求が届いた場合、

あわてずに時効の主張が可能かどうかを

考えてみましょう。funpad

 

ローン

 

ただし、消費者金融に対しては時効期間は

5年ですが、信用金庫や法人ではなく、

個人でやっている街金などに対しては10年

となりますので、注意が必要です。punpunbibibi

 

Aさんのお話だと、5年以上前から

返済はしていないし、訴訟も提起されて

いないとのこと。

 

念のために明細を取り寄せたところ、

Aさんの記憶のとおりでしたので、

消滅時効の主張をし、Aさんの借金は無くなりましたnicoglitter2

 

免罪符

 

ところがBさんのケースでは、

Bさんが裁判所から届いた「支払督促」

通知を受け取った後、放置していたことを

忘れていて、最終取引日からは10年近く経過

していたのですが、残念ながら支払督促を

放置しておくとその効果は裁判の判決と同等の

効力があり、時効を主張できる期間が

10年延びてしまうのです。huntearstears

 

結局Bさんは、分割弁済の交渉をせざるを

得なくなりました。

 

弁済

 

取り敢えず、この様な請求が届いた場合、

一度司法書士や弁護士等に相談をされてから

どのように対処するか考える方が賢明です。笑うstarstar

投稿者: 藤司法書士事務所

2016.12.26更新

 

 

個人再生とは、住宅を残すため、住宅ローン以外の

借入金を原則5分の1、最低100万円にまで

圧縮し、その額を3年で返済していくのものです。nicoglitter3

 

がねーしゃ

 

100万円で3年なら、基本1月3万円の返済を

継続できる方であれば、サラリーマン、自営業者、

パート、アルバイトとどなたでも利用は可能です。

 

もちろん、利用するための条件はいくつかありますが、

借金整理をするうえでの優れた手段であることは

間違いありません。gyabibibi

 

さて先日、派遣社員のAさんが相談に来られました。

収入は月15万円から18万円位で、

住宅ローンはありませんでしたが、

借金総額は約300万円ほどありました。untears

 

派遣

 

これを任意整理で返済するとなると、

原則最長5年返済で月5万円は必要となります。

 

これが個人再生なら3年間、月3万円

返済が終了するのです。sunnote2

 

これはかなりのメリットありなんですが、

Aさんの手取り月収からすると月3万円も

決して楽とは言えません。

 

案の定、裁判所に個人再生の申立てをした後、

裁判所から何度か、返済を継続できるかの

問合せや積立の記録の提出を要求されました。

 

生活再建

 

ただこのAさんは、少ない手取ながら、

しっかりと積立を継続された方だったため、

最終的には個人再生の認可が下りました。gyastar

 

圧縮されたとはいえ、月3万円の返済が

楽にできる方ばかりではありませんが、

しっかりと生活を立て直し、月3万円の返済を

継続できると思われる方であれば十分利用可能です。笑うglitter2

投稿者: 藤司法書士事務所

2016.12.11更新

 

テレビのCMや新聞のチラシなどで、

消費者金融等で借入をした場合、

過払金が発生している可能性がある

積極的に宣伝していただいているためか、

私の事務所にもよく過払金の回収についての

お問い合わせがあります。telephonebibibiehe

 

過払金 

 

ただ、過払金の請求には、以下の点を

十分ご留意の上、司法書士等をご利用ください。nicoglitter

 

①過払金は約定利息と法定利息の差額です。

  たとえ長い取引でも、法定金利

 

10万円未満           20%

10万円以上、100万円未満   18%

100万円以上          15%

 

以上の金利(例えば29.2%)の

約定金利での利用でなければ

過払金は当然発生しませんganexplosion

 

一般に50万円で29.2%の約定金利だと

なんと当初の利息は12,000円もあり、

法定金利の18%だと利息は7,400円で、

その差額は4,600円にもなります。

過払金とは、この差額の合計額です。

 

 積立額

 

平成22年6月からは、貸金業法が改正され、

 消費者金融等の約定金利も法定金利内に

 なったため、過払金は発生しません。

 

 また、アコムやプロミス等の大手消費者金融等は

 法律改正より早い、平成19年以降に既に

 法定金利内で貸付しているため、

 たとえ、現在から10年程度利用していたとしても

 過払金が発生する可能性は薄いといえます。shuntears

 

 消費者金融

 

③取引残高がある方は、過払金が発生し、

 現在残高が0円未満とならなければ

 個人情報がブラックになることにご注意ください。abonlight bulbglitter2

 

④たとえ過払金が発生していても、最終取引日から

 10年経過していると消費者金融等から

 時効を主張されることがありますので

 ご注意ください。

 

⑤過払金に対しては、過払金に対する

 利息の請求も可能ですが、 訴訟手続等の

 特別な対応が必要となることもあること

 ご了承ください。

 

 ブラック

 

⑥たとえ過払金があっても、消費者金融等は

 直ぐに返済してくれませんから、

 回収までは数か月掛かること、ご承知ください。o(T^T)o

 

何件かの問い合わせの中には、ご本人は取引期間が

長いと思っていても、上記のとおり、

貸付金利の改正や、大手消費者金融等の自主的な

金利の改正により、過払金が発生しないケース

見受けられるのが現状です。uun汗

 

もちろん、人間の記憶は曖昧ですから、

当然、調査しなければ分からないこともあります。

 

 徽章

 

上記事項を踏まえ、ご利用いただければ、

過払金を回収できる可能性はあります。

 

ご希望の方は、弊事務所までお問い合わせください。 笑うmobile phonesnote2

投稿者: 藤司法書士事務所

2016.12.06更新

最近増えているのは、音信不通であった親族

借金の返済を要求する書面が消費者金融などから

突然届いたうえに、その請求額も恐ろしく

多額であるが支払わなければならないのか

という相談です。

 

督促状 

 

書類を見ると、死亡から3か月経過している

 

ところが相談者は、その親族の所在や、

その親族が無くなったことも、

もちろん借金があったことも知らなかった

というものです。

 

 孤独死

 

答は、基本的に「相続放棄」が可能です

 

なぜなら・・・

 

相続が発生し、多額の債務がある場合、

初めから相続人とならないことにする

手続きが、相続放棄です。

 

そして、この相続の放棄が出来る期間は、

自己のために相続の開始があったことを

知った時から3か月以内にしなければならないと

民法第915条に書いてあります。

 

それでは、相続が発生してから

3か月が経過してしまったら、

もう相続の放棄の手続が全く出来ないかといえば、

答はそんな単純ではありません。

 

 消費者金融

 

民法第915条にいう、

「自己のために相続の開始があったことを知った時」

とは、どの時点を言うのかが問題なのです。

 

原則、相続人が、相続開始の原因事実及び

これにより相続人となった事実を知った場合

(「相続人覚知時説」というそうです。)であり、

例外として、3か月以内に相続放棄をしなかったのが、

相続財産が全く存在しないと信じたためであり、

かつ、このように信じるについて

相当な理由がある場合には、

相続人が相続財産の全部または一部の存在を

認識した時又は通常これを認識できるときから

起算するのが相当だとされています。

 

それでは、「相当な理由」とは???

…法律的な解釈を突き詰めていくときりがありません。

 

結論として、3か月が経過したから諦めるのではなく、

先ずは、裁判所なり、司法書士等の専門家に

相談してみてください!…ということになります。nico

 

 

第915条

  相続人は、自己のために相続の開始があったことを

知った時から三箇月以内に、相続について、

単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。

ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、

家庭裁判所において伸長することができる。

2 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、

相続財産の調査をすることができる。

 

 

投稿者: 藤司法書士事務所

  • 相続・借金問題でお悩みなら、まずはご相談ください 藤司法書士事務所
  • 相続・借金問題でお悩みなら、まずはご相談ください 藤司法書士事務所
  • tel_sp_b.png
  • メールフォームからのお問い合わせ
初回相談0円 お問い合わせ 24時間WEB予約受付中 手続き費用 解決事例 所長ブログ 藤司法書士事務所 公式Facebook藤司法書士事務所 公式Facebook
ADDI-K